Transduction Records logo

The Brutal Here and Now The Spook of the Thirteenth Lock

The Brutal Here and Now 購入
  • TDR-012
  • CD
  • /
  • ダウンロード
発売: 2012年 04月 13日

アイリッシュ・フォークに訪れた新しい流れを 先導する、ザ・スプーク・オブ・ザ・サーティーンス・ロックは、アイルランドの伝統的音楽とサイケデリック、エクスペリメンタル・ロックとを見事に融合させている。ニューアルバム『The Brutal Here and Now』では、その技術はさらに磨かれ、美しい旋律のフォーク・ロックの中に暗い現代的な雰囲気を作り出している。プログレやクラウト、ポスト・ロックを通して、60年代のアイリッシュ・フォークのリバイバルからの流れをたどる他のミュージシャンとは別の方向へと向かっている。

歌詞はイギリスとアイルランドのフォークの中から湧きあがったもので、その楽曲は個人として、また国民としてのアイデンティティ・疎外感・アイルランドの歴史と神話・革命と利己的で繰り返される性質を持つ強欲と権力といった複雑なテーマを取り扱っている。ライブでの彼ら5人の演奏は非常に力強く、複雑なフォーク・メロディーに、渦を巻くフィードバック、輪唱のようなディレイと3段階のハーモニーを重ね合わせている。

メンバーは2005年後半にダブリンに初めて集まり、アレン・ブライによってアイリッシュ・フォークの曲を作ることを目的にバンドは結成された。まず、友人であるエンダ・ベイツ、ドニカ・ホーイー、ブライアン・オヒギンズが集まり、2008年にトランスダクション・レコードよりリリースされたセルフ・タイトルのデビューアルバムをレコーディングした。2009年には同レコード会社所属のLITEと共にジャパンツアーを敢行した。さらに、5人目のメンバーのローハン・ヘイズを加え、セカンドアルバムとなる『The Brutal Here and Now』を2012年に発表した。このアルバムでは、イタリアとインドフォークの影響も受け、英語、アイルランド語、イタリア語で歌うなど、その音楽性を広げている。

結局ある種無限と思われる色の組み合わせも元を辿ると全て原色から始まっている訳で、その混ぜ方こそがオリジナリティだと思う。そして何かと何かを混ぜることを人は「化学反応」と言うけれど、このバンドには「化学反応」という無機質な言葉は相応しくない。アイルランドのトラディショナルな牧歌的雰囲気と、溢れでる感情を醸すロックの融合は、もっとオーガニックなものと言うべきだ。そしてこれが出来るのは、まさしくその伝統を誇るアイルランド人だけであり、その混ぜ方が出来るセンスに羨望を感じる。 - 武田信幸 (LITE)

"There are melodic echoes of Planxty or the Dubliners here, but matched against a blitz of guitar rock and feedback and a delight in the unexpected…one of the Irish albums of the year" - The Guardian

"The most inventive, audacious and barnstorming Irish album of 2012…brazen, blazing and brilliant" - Irish Times

"The Brutal Here and Now is utterly spell-binding…potential Irish album of the year" - Hot Press

"One of the more intriguing bands delving into the spiritual backwaters of alternative folk - ****" - Mojo

"Ireland’s own Flaming Horslips…sets you jigging, sends you reeling - 7/10" - Uncut

"A spirited attempt at reimagining old music for a new age" - Q

"Powerful and defiantly unique" - Entertainment.ie

"Ireland’s finest example of a modern trad band" - Nialler 9

The Spook of the Thirteenth Lockその他の作品

Lockout

Lockout

The Spook of the Thirteenth Lock